ホーム > コンセプト > なぜ今リノベーション?

なぜ今リノベーション?

古きを良きとし、住まいを再生させる。

マイホームをお考えの方にとって、まずは新築の戸建・マンションが思い浮かぶと思いますが、ここ10年ほどで新たに『リノベーション』という住まい選びの選択肢が増えました。リノベーションとは中古住宅の間取りやデザインを変更し、新しい価値創造のある住まいにすることです。 もちろんリノベーションに適した物件は30年以上前に建てられた住宅が多いですから、設備・間取りなどが現代の住宅事情にマッチしていなく、さらに耐震性も現在の耐震基準に適合していない場合が多く見られます。 さらに、骨組みを露出させることにより、今まで目にすることが出来なかった基礎や柱を細かくチェックでき、しっかりと補修できるので安全面もしっかりと確保できます。 すまいの基本性能・間取り・設備などの全てを時代にマッチした住まいへと生まれ変わらせる。それがリノベーションです。 ではなぜ今、リノベーションが注目を浴びているのでしょうか。それは、大きく分けると『費用』『土地』『間取り』の3つに分かれます。
費用を大幅に圧縮できます
リノベーションの場合、新築と違い費用を大幅に圧縮できます。 かなり大規模に工事した場合でも、新築の2分の1程度に抑えられるなど、大きなメリットがあります。 その分の費用を他に掛けることにより、より良い住まいになりますし、予算の関係で手の届かなかった地域にお住いを構える事もできます。
土地は永遠にあなたの財産です
建物の取得費用を大幅に圧縮した分、ご希望のワンランク上の場所で中古住宅を取得できます。 住宅は何もしなければいつかは朽ちてしまうものですが、土地は永遠にあなたの財産ですから、少しでも価値が高かったり、便利の良い土地を手に入れることをおすすめします。
将来の暮らしにも対応できる間取り
今は1000万円程度でも新築住宅を建てることはできますが、デザイン的にはどうしてもシンプルな総二階の住宅になります。 総二階では子どもは部屋で勉強、大人は1階で過ごすなど、家族の生活をはっきりと分けてしまいがちです。 ですが昔の住宅は、1階が広く二階が狭い住宅が多いです。そうなると必然的に1階に生活機能が集中し、リビングを中心とした生活の流れが出来上がります。 そして、子どもが成長し、夫婦二人の生活になった場合も広い1階部分に機能が集中しているため、そのままでも十分に暮らしやすい『平屋建て』の住まいになります。

WEB限定セット!リノプラBOXは、ホームページ限定の資料セットです。

お客さまにとってお得な情報をセットにしました。無料でお届けしていますのでぜひご応募ください。

キャンペーン

Page
Top